Gradleとは、Ant、Maven等と同じくビルドツールの一種である。

従来のビルドツールの記述方式はXMLであったが、GradleではGroovyというスクリプト言語を使用する。

ビルドスクリプトをシンプルに記述することが出来て、 Antのように処理を記述することも可能であり、 Maven同等のライブラリ管理機能も備えているという とても柔軟なビルドツールである。

詳細は、Gradle日本語ドキュメントを参照

http://gradle.monochromeroad.com/docs/index.html

環境構築

http://www.gradle.org/downloads から

バイナリをダウンロードする。

zipを解凍して、任意のディレクトリに配置し binへPATHを通せば完了。

mavenと同じである。

そして、コマンドラインでgradle -vを実行し、正常にバージョンが表示されればOK。

基本

AntやMavenと同じで、プロジェクトディレクトリ直下に、 build.gradleという名前でビルドスクリプトを配置し、コマンドプロンプト(シェルスクリプト)で、gradle buildと叩けばビルドを実行できる。

Javaソースをコンパイル

Javaソースのコンパイルやアーカイブを行うには、Javaプラグインを使用する必要がある。

Javaプラグインを使用するには、ビルドスクリプトに

apply plugin: 'java'

と記述する。 次に、ビルドスクリプトが配置されているディレクトリに移動し、

$ gradle build

とコマンドを実行すれば以下のような結果が得られる。

javaコンパイル.png

jarやテスト結果などのビルド成果物は、.\buildディレクトリいかに格納される。

試しにソースコードをコンパイル、実行する

デフォルトのソースディレクトリは、mavenと同じく、 src/main/javaである。 プロジェクト直下に、そのディレクトリを作成して、以下のようにソースファイルを配置する。

public class Hoge {
	public void doHoge() {
		System.out.println("Hello Gradle!!");
	}
}
gradle.png

そして、再び、

$ gradle build

とコマンドを実行すると、下図のようにクラスファイルや、そのほかの成果物が生成される。

gradle2.png

次に、実際にプログラムを動作させるために、テストクラスを作成する。 先ほどと同じく、src/test/javaディレクトリを作成し、 以下のようにテストクラスを実装する。

import static org.junit.Assert.*;
import org.junit.Test;
public class HogeTest {
	@Test
	public void testDoHoge() {
		fail("Not yet implemented");
	}
}

ここまで準備してから、gradle buildコマンドを実行してビルドを行うと、 失敗する。なぜならjunitのクラスライブラリがビルドパスに組み込まれていないからである。 そこで、以下のように設定を追加する。

apply plugin: 'java'
repositories {
   mavenCentral()
}
dependencies {
    testCompile 'junit:junit:4.8.2'
}

設定を追記した後、再びgradle buildを再実行すれば、コンパイルが通り テストが実行されるはずである。 repositoriesというのは、ライブラリと依存関係の格納庫である。Mavenのセントラルリポジトリのみを設定する。 そして、dependenciesが依存関係である。この場合は、junitのみに対して依存を張る。 この設定だとtestComileタスクを実行した際に適用されることになる。

テストクラスをsrc/main/testに配置することに注意すること。間違ってsrc/main/javaに配置してしまうとコンパイルが通らない。 なぜならば、testCompileに対してjunitへ依存を張るので、テストクラス以外のJavaクラスでは、依存関係が解決できないからだ。

タスク

Gradleの基本的な概念に「タスク」というものがある。 タスクとは作業単位のことで、先ほどコマンドの引数に指定したbuildやコンソールに表示されたcompileJava、jarなどもタスクである。 タスクには依存関係があり、たとえば先ほどの例だと、 jar は、classesに依存し、classesはprocessResourceに依存している。 buildタスクは、依存関係グラフの末端にあるので、compileJavaやtestやら、諸々のタスクその過程で呼び出す。

Eclipseプロジェクトにする

Eclipseプロジェクトにするには、ビルドスクリプトに

apply plugin: 'eclipse'

と記述する。 次に、ビルドスクリプトが配置されているディレクトリに移動し、

$ gradle eclipse

とコマンドを実行すると、 .projectや.classpathなどEclipseの設定ファイルが生成される。


添付ファイル: filejavaコンパイル.png 282件 [詳細] filegradle2.png 266件 [詳細] filegradle.png 268件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-05 (日) 21:57:23 (1163d)